記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める

珍しく電車で移動です。

大阪のおば様2人が補正下着のカタログでトークを展開中〜〜。

(いやいや、違うやろ)

ってMECerの僕は突っ込まざるを得ない。

周囲を見渡すと不健康な人が多い。

赤ら顔で艶のない表情のアトピー風の男性。

締まりのない体型で身体の軸を曲げながら不恰好に歩く中年女性。

全体的に皆さん浮腫んでいます。

現代人はお疲れなのです。^^;

え? 僕ですか?

昨夜の馬肉で頗(すこぶ)る好調です。

花粉ですか?

今年からマシです、症状は9割減。(^^)


お客様にもMEC食を提案しています。

待合室に置いてある渡辺先生の黄色本

宗田先生のケトン体の本、夏井先生の炭水化物の本

全てを買われて実践している優等生が数名居ます。

お顔を見るたびに元気になられているご様子。

勧めてよかった。(^^)


さて、先ほど読破した本は

『日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める』

近藤 政二 著

20160328141553855.jpeg



MECerの立場から言いますと、??? なところもありますが

まぁー、概ね合っているかなと。

大豆、かぼちゃ、人参などの野菜を毎日食べると長生き。

動物性タンパク質、魚や肉を否定している訳ではないですが

過食は心臓病の原因になる、と記されています。

栄養学的に臨床的にエビデンスを示されてまで

本の中で説明されている訳ではないので私もそれ以上

この本に対して考えを深めることは出来ません。(^^)


MEC食・糖質制限の観点と合致しているところは、

「米どころは短命である。」という事。

東北地方です。

50代で脳卒中で倒れたり若死にされる方が多いと。

一方、長寿村人はお米は年に数回決まった日に食べる程度。

東北地方でも長寿村は、お米は出荷するための品で

自分の口に入れる事はない、こんな具合です。


MEC食に適した糖質過多の栄養失調状態の肥満と

生活習慣病に侵され中のタイプと

小魚や魚の切り身が食卓にあがり適度な動物性タンパクを取りつつ

お米は食べず、かぼちゃや人参などを毎日摘んではいるが

その程度の糖質なら毎日の労働で消費してしまう

今とは比べ物にならない重労働な農作業をされておられる高齢者。

この2タイプをまるっきり同じ土俵に上げて比較は

あまり意味はないでしょうが、前者は後者を十分に

参考にすべきだと思いました。






にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。